オージオ化粧品 店舗

オージオ化粧品に店舗販売の状況についてスタッフに確認してみました

【最新情報】

 

ビューティーオープナーの注文多数のため、キャンペーン終了間近!

 

定期しばりなし&サンプルセットつきは公式サイトだけ!

 

>>すぐに初回65%OFFでお試しできる公式サイトを見る

 

 

SNSなどで大変話題になっているオージオ化粧品の卵殻膜美容液、ビューティーオープナー。

 

ネット通販ではなく、オージオ化粧品の実在店舗で購入できるのかについて、詳しく調べた内容をお伝えします。

 

オージオ化粧品の実在店舗でビューティーオープナーは販売されているのか?

 

結論から申しますと、オージオ化粧品の直売店を含めて、ビューティーオープナーはすべての実在店舗で販売されていませんでした

 

オージオ化粧品の直売店と電話注文について

 

Wikipediaによりますと、2008年にOZIO GINZA(オージオ銀座)という店舗を開設している、との記載がありました。

 

ですが、オージオ化粧品に電話確認したところ、現在はこの店舗は閉店しており、事務所があるだけとのことでした。

 

オージオ化粧品は現在、インターネットと電話注文の通信販売のみの対応になっています。

 

電話注文でビューティーオープナーの定期コースを申し込みますと、毎月1本で4,466円になります。

 

これは、インターネット注文にある初回限定の通常価格65%引きの価格にはならないようです。

 

さらに、電話注文で定期コースではなく、単品で申し込みすると、5,800円(税抜き)と割高です。

 

以上のことから、オージオ化粧品の公式サイトから申し込む方が断然安く買えるということがわかりました。

 

オージオ化粧品の公式サイトからの注文について

 

インターネットで公式サイトにある定期コースを注文した場合の特典について説明します。

 

定期コースの特典その1

 

初回限定で通常価格の65%引きの1,980円で購入できます

 

さらに、2回目以降のお届けも毎月4,466円になりますから、楽天市場など他のサイトから申し込むよりもお得です。

 

定期コースの特典その2

 

日本全国ずっと送料無料ですので、本州以外の遠方でも追加料金なしで配送してもらえます。

 

定期コースの特典その3

 

初回分には、ビューティーオープナーのお試しサンプルセット付きなんです。

 

ジェル、ローション、クリームのセットとライン使いも試せるのはうれしいですよね。

 

定期コースの特典その4

 

定期コースなのに2回目分から解約手続きが可能です。

 

初回分が到着して、次の配送予定日の10日以上前までにオージオ化粧品に連絡すれば、解約ができます。

 

化粧品はどうしても人によって合う・合わないがありますから、万が一、自分に合わない場合でも、2回目分から解約できるなら安心ですよね。

 

まずは公式サイトの確認から。

 

いかがだったでしょうか。

 

ビューティーオープナー、オージオ化粧品の公式サイトからのネット注文が断然お得です。

 

定期コースの受付がすぐに終了となることも考えられますので、まずは公式サイトを確認してみてくださいね。

 

>>初回65%OFFでお試しできる安心の公式サイトはコチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

常習的な乾燥肌に頭を悩ませているなら…。

 

美白向けのスキンケアは、メーカーの名前ではなく配合されている成分でセレクトしなければなりません。日々使い続けるものなので、実効性のある成分が適切に含まれているかを確かめることが欠かせません。
合成界面活性剤は言うまでもなく、香料とか防腐剤などの添加物が入っているボディソープは、肌に負荷を掛けてしまう可能性があるので、敏感肌で苦労しているという人には不適切です。
しわが生まれる主因は、老化現象によって肌の代謝機能が落ちてしまうことと、コラーゲンやエラスチンの生成量ががくんと減り、肌の柔軟性が失われることにあります。
常習的な乾燥肌に頭を悩ませているなら、ライフスタイルの見直しを行うようにしましょう。それと並行して保湿効果に優れたスキンケア商品を使って、体の外と内の双方から対策することをおすすめします。
「ニキビがあるから」という理由で皮脂を取り除こうとして、短時間に何度も顔を洗浄するというのはあまりよくありません。過度に洗顔しますと、思いとは逆に皮脂の分泌量が増してしまうからです。
思春期にはニキビが一番の悩みですが、年齢を経るとシミや小じわなどが最大の悩みとなります。美肌を保つというのは容易なように見えて、実を言えば大変根気強さが必要なことだと言って間違いありません。
少しばかり日なたに出ただけで、赤くなって痒みが出てしまうとか、刺激の強い化粧水を使っただけで痛みが襲ってくる敏感肌だとおっしゃる方は、刺激があまりない化粧水が必須だと言えます。
肌に紫外線を浴びるとメラニン色素が生まれて、これが蓄積した結果茶や黒のシミとなるのです。美白用のスキンケア製品を使って、早期に念入りなケアをすべきだと思います。
肌のカサつきや発疹、シミ、黒ずみ、ニキビ等の肌トラブルの主因は生活習慣にあるのです。肌荒れを回避するためにも、きちんとした日々を送ることが大切です。
洗顔と申しますのは、原則的に朝と晩の合計2回行なうはずです。日課として実施することでありますから、誤った洗浄の仕方をしていると肌にどんどんダメージを与えることになり、とても危険です。
肌を整えるスキンケアに取り込みたい成分というのは、生活習慣、体質、時期、年齢などによって変わってしかるべきです。その時の状況に合わせて、使用する化粧水や乳液などをチェンジしてみることをオススメします。
日本人の多くは欧米人とは異なり、会話している間に表情筋を大きく動かさないという特徴があるらしいです。このため表情筋の退化が顕著で、しわができる原因になるというわけです。
「毎日スキンケアをやっているのにきれいな肌にならない」人は、食事の内容を見直してみてはいかがでしょうか。油をたくさん使った食事やジャンクフードばかりでは理想の美肌になることは不可能です。
ニキビが出るのは、肌の表面に皮脂が過剰に分泌されるからなのですが、だからと言って洗いすぎてしまうと、肌をガードするための皮脂まで取り除く結果となる為逆効果と言えます。
30代40代と年齢を経ても、普遍的に魅力ある人、美しい人と認めてもらえるかどうかの重要なポイントは美肌です。スキンケアを行って健やかな肌をあなたのものにしてほしいですね。

 

 

肌荒れに陥った時は…。

 

乾燥肌というのは体質に由来するところが大きいので、保湿を意識しても限定的に良くなるくらいで、根底からの解決にはならないのが厄介な点です。体内から体質を改善していくことが大事です。
10〜20代の肌には美肌成分の一種であるエラスチンやコラーゲンがたくさん存在しているため、肌に弾力が備わっており、凸凹状態になってもすみやかに通常の状態に戻るので、しわが刻まれることはほとんどありません。
油っぽい食べ物や大量の砂糖入りの和菓子ばかり食していると、腸内環境は悪化の一途を辿ります。肌荒れで途方に暮れている敏感肌の方ほど、摂取するものを吟味していただきたいです。
肌荒れに陥った時は、当分の間メイクをおやすみしましょう。尚且つ栄養・睡眠を十二分に確保するようにして、肌の修復に頑張った方が良いのではないでしょうか。
美白肌を実現したいと思うなら、化粧水といったスキンケアグッズを切り替えるばかりでなく、加えて体内からも食べ物を介してアプローチしていくことが大切です。
美白用の基礎化粧品は地道に使い続けることで効果を実感できますが、日常的に使うものだからこそ、本当に良い成分が配合されているか否かを判別することが必要不可欠です。
体を洗う時は、ボディタオルで加減することなく擦ると肌を傷めてしまうので、ボディソープをちゃんと泡立てて、手のひらを使用して力を入れることなく撫で回すように洗浄しましょう。
「きっちりスキンケアをしているというのにひんぱんに肌荒れしてしまう」という時は、日々の食生活にトラブルの要因がある可能性が高いです。美肌を作る食生活を心がけていきましょう。
肌トラブルを防ぐスキンケアは美容の基盤を作るためのもので、「どれほど整った顔立ちをしていても」、「すばらしいプロポーションでも」、「おしゃれな服を着用しても」、肌が劣化していると若々しくは見えないものです。
若い間は褐色の肌も美しく見えますが、年齢が増えるにつれて日焼けは無数のシミやしわといった美肌の敵となるので、美白ケアアイテムが必須になってくるのです。
「保湿には心を配っているのに、どうしてなのか乾燥肌がおさまらない」というケースなら、スキンケア化粧品が自分の肌質に合っていない可能性大です。自分の肌タイプにふさわしいものを選び直しましょう。
体質によっては、30代くらいからシミの問題を抱えるようになります。サイズの小さなシミならメイクで隠すというのもアリですが、真の美肌を目指すのであれば、早くからお手入れしましょう。
鼻全体の毛穴がポツポツ開いていると、メイクアップしても鼻表面の凹凸をカバーできないためムラになってしまいます。きっちりケアに取り組んで、きゅっと引き締めてください。
「背中にニキビが再三再四できてしまう」という人は、使っているボディソープが適合していない可能性が高いです。ボディソープと身体の洗浄方法を見直すことをおすすめします。
「ニキビが出来てしまったから」と皮脂を洗い流すために、一日に何回も顔を洗うという行為はおすすめできません。洗顔回数が多すぎると、反対に皮脂の分泌量が増えることになるからです。